山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アシです  

アシスタントのお仕事もらえました。明日から3日程、家を離れます。

今回はほぼ初見の方なので、ちょっと緊張。風邪ひかないようにしないと…。
スポンサーサイト

Posted on 04:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

7泊  

先週、ネームのコピーを取りにコンビニに行きました。去年、原稿のコピーを忘れていったコンビニです。

コピーを取りおえ、それを郵送し、その後に向かったのはエロ本屋。

ネームも1本できたことだし(ボツでした)、エロ本でもご褒美に買って帰るべかと。

その店、万引き防止のために店内にカバンを持ち込む事ができなくて、入り口にあるロッカーに入れなくてはいけないのです。

めんどくせえなあなんて思いながらも、まあしょうがないのでカバンをロッカーの中に入れ、いざ店内へ。

以前から気になっていたエロ漫画家の新刊が出ていたので買ってみました。

まあまあよかったですが、複数人プレイが多いのがちょっといただけませんでした。好みの問題ですね、これは。



さて、それから1週間経ったわけですが、今日ようやく気付きました。

カバンをロッカーの中に入れたまんまだねと。

もうね、馬鹿すぎてやる気なくします。いろいろと。

俺、エロ漫画買った瞬間から、頭の中は帰ってヌクことしか考えていなかったんですよ、きっと。カバンの事なんてもうどっかいっちゃてたんですね。

もうねえかもかなーなんて思いながらも行ってみましたが、やっぱりロッカーは空でした。

でももしかしたらと思い、一応店の人に聞いてみる事に。

てっててー♪

ありましたよ。俺のカバン。運がいい。

ちゃんとネームもありました。

痔の薬も1ヶ月分入ったまんまでした。

中身確認されてたらやばいです。もう店にいけない。

Posted on 01:34 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

俺が知るか  

友達から電話。

とあるラブホテルにレディースデイがあるんだが、これはどういうことなのか。

俺が知るかと。

この質問、聞く順序としては、

大人→大学生→高校生→中学生→俺→小学生

だろう。

ラブホテルもレディーズも、俺にとっちゃ手つかずのフロンティア。

俺フロンティア多すぎ。

Posted on 00:12 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

肛門の位置  

「探偵ナイトスクープ」で、肛門の位置が若干普通の人より前の方にあるため、ウォシュレットを使用する際、「お尻」ではなく「ビデ」で丁度いい感じになるとか言う男性がいて、驚きました。

なぜなら俺も「ビデ」派だったからです。

今まであまり気にしていなかったけど、もしかしたら俺も、肛門が前の方にあるのかもわからん。やだなんか恥ずかしい。

で、ですね。試しにウォシュレットを使う時、「お尻」でやってみたんですよ。

こいつはたまげましたね。

前とか後ろとかの前に、強いの。水圧が。
「プシュー!!!」って。

あれってウチのウォシュレットだけなんかな。「ビデ」より「お尻」の方が断然水圧が強いんです。

つーかウチの家族はあんなに強い水圧でケツを洗っていたのか、と。2度びっくりでした。

Posted on 01:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

俺の顔だよ  

俺の部屋の窓には、大きく顔が描いてあります。

たしかもう10年近く前になるのですが、兄がいたずらで俺の顔を描いたのです。それが未だ消えずに残っています。

気持ちの悪い馬鹿みたいな面をした変な顔。

これが悲しいかな、結構似ているのです。ウチの兄にはそういうセンスがあります。

我が家は小学校のすぐそばにあるので、4月になると新入生がこの絵を見て、

「へ~ん~な~か~お~!

うひひひひひっ」

なんて笑ったりします。

俺の顔だよ、と。

今年の新入生は、

「ナニコレ珍百景」

とか言ってました。

俺の顔だよ、と。

あの絵から可愛さを差し引いたら、もう大体俺ですからね。

ある意味表札。

Posted on 03:55 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

悪い子ですか  

美人タレントがかっこいい男と結婚すると、

「数年後には浮気で離婚しちまえばいい」

とか思っちゃう僕は、悪い子ですか悪い子ですか!

Posted on 22:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

空気  

深夜のコンビニで、モーニングとスピリッツをレジに持って行ったら、掃除していた店員がツカツカと戻ってきて、会計始めるのかと思ったら、なぜか微動だにぜず、じっと窓の外を見始めたのです。

5~6秒くらいですかね、お互い沈黙したまま立ってました。

外見的には、俺が言うのもなんだけど、非常に気持ちが悪い感じです。

なんだこいつは、と。

そしたら外から雑誌の搬入業者が入ってきて、その人に対して

「お疲れ様です」

と言ったのです。

ああなんだ、この業者に挨拶するために固まっていたのか。この人はきっと一度にふたつのことができない人なんだな。

なんて。

そしたらこいつ、また微動だにせず、今度はその業者の搬入作業を眺めているのです。

もしかして、シカトされてるのだろうか。

そんな心配が頭をよぎり始めた時、もうひとりのチャラそうな店員が、ずかずかとレジに入ってきて、そのぼけ~っとしていた店員を押しのけ、会計を始めたのです。

押しのけられた店員は、ようやく俺の存在に気付いたらしく、「あ」とか「う」とか「すみません」みたいなことをテンパった感じでぼそぼそと言って、そのままひゅーっとどっか行っちゃいました。

謎です。

Posted on 12:48 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

短編集  

昨日読んだ村上かつらとか言う人の短編集(100円)に、こんな台詞がありました。

女の子の手首を掴んで、


「ヨユウで一周。

プラス第一関節。

…なんか

女の子って、

ひとたまりもない…」


自分の手首を掴んでみたら、俺もひとたまりもなかったです。

それどころか、足首を掴んでも一周してしまいました。

キャシャすぎ。

Posted on 15:39 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

企画もの  

AV借りようと思って(そんな話ばっかだな…)、適当に棚をペーっと見ていたら、ふいにすごく好みの顔の子がいて、「これにしよう!」と手に取ったんだけど、それがなんか意味不明な企画もので、「ブスな女と美人を絡ませる」ってヤツだったんです。

なんじゃそら、と。

周囲を探ってみても、その女優が出ている他のAVはありません。

裏面を見ると、確かにすごいブスと共演しています。

「金を払って俺はブスを見るのか…」

かなり悩みましたが、試しに借りてみましたよ。

感想ですが、一言で言うなら、

むずい。

非常にむずいです。このAV。

基本美人が普通に男と絡んでいるのですが、横からブスが美人とキスしたりおっぱいなめたり男の玉なめたりと大活躍なのです。

「こいつ隙がねえ!」

フィニッシュも、まるで素の中のヒナが親鳥からエサをもらう時のように、貪欲に出しゃばってきます。

いや、わかるんですよ。この子、すっごく努力家なんだろうなって。

一生懸命自分にできることを頑張っているんです。

しかし悲しいかな。みにくい。涙が止まりません。

結局予備で借りていたもう一本の普通のAVで抜きました。

誰があれで喜ぶのか謎です。人間の欲は底が見えない。

Posted on 23:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

へぇー  

妻夫木聡が出演しているサッポロビールのCMがすごく好きです。

オッサン達が「大人とは?」について偉そうに語っているのですが、それに対しての妻夫木の

「へぇ~」

が最高に微妙なんですよ。

ちょっと見下してる感じがあって、さすが天下の妻夫木だなって感じです。

Posted on 17:45 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

小学生の会話  

部屋でぼけーっとしていたら、外から聞こえてきた女の子達の会話が面白かったです。

遠くの方から大声で女児A
「カホちゃん、男好きー!?」

それに対して大声でカホちゃん、
「ふつー!」

普通か~。

Posted on 01:51 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

ボロい本  

図書館から借りてきていた本(司馬遼太郎だったかな)を見て、「こんなボロい本読みたくねえ~」と友達が苦々しい顔で言っていたのですが、俺はわりとボロい本って好きです。

ページをめくっていると、不思議な心地よさを覚えます。それは、新品の本にはない心地よさです。

なんかこう、日焼けのせいか、ページをめくる時、パリパリパリっていうじゃないですか。アレがすごく好きなんです。めくってるぜおれ~って感じがします。

でももしかしたら、古い本が好き、というより、雑な扱われ方をした本が好き、なのかもしれません。

古い戦争映画なんかで、兵隊が野営中、作りの粗そうなペーパーブックを読んでいたりしますが、そういうのがすごく好きです。本と兵隊の間に温かい親密感を感じるんです。

まあでも、綺麗な本が好きな人からすると、ちょっと許せないんでしょうね。嫌がってた友達の持ってる本、すげー保存状態いいし。

たぶん、俺にはコレクター的な感覚がないせいでしょう。キレイに並んだ物を見て、「うん、満足」って感覚はほぼないです。

Posted on 11:19 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

おっかね  

アルビレックス新潟VS浦和レッズの試合を見てきました。

アルビ、2ー0で完敗です。ヘボヘボ。

帰り、人混みの中をのそのそと歩いていたら、正面から浦和のサポーター3人が歩いてきました。

向こうは全く避ける気なし、どんどんまっすぐ歩いてきます。

俺は腰抜けなんで、横にぴょんと飛ぶようにして衝突を避けました。非常に情けない。

で、やな人たちだなぁって、すれ違った後振り返って彼等を見たら、向こうも同じように振り返っていて、目が合った途端、3人全員「あ?」って顔でこっち見てきました。

ぶっちゃけ、すげーおっかなかったです。俺の白いTシャツが浦和カラーに染められるかと思いました。

でねいいよね、浦和は。金あるし。ユニフォームには「ザバス」とか「三菱」のスポンサーが付いてるし。

新潟なんて腕の所に「新潟米」って書いてあんすよ。米て。ハクつかねーよなー。

Posted on 10:03 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

隣に住んでいたじーさん  

昔、隣に住んでいたじーさんが死んじまったらしいと、親から聞きました。

小学生の頃、なんかバシバシと音がするので、窓から顔を出して、音のする方を見てみたら、そのじーさんが、一心不乱に段ボール箱を棒でバシバシと叩いていました。

すごく謎でした。だって、顔が怖いんです。なんか怒っているんです。怒ったジジイが段ボール箱を叩きまくっているんです。

俺は子供ながら、あれはきっとボケちゃったか、もしくは何かが降りてきちゃったんだろうな、なんて思いました。

後でウチの親父が聞いたところによると、このじーさん、庭で野良猫が小便するのが許せなくて、自分で罠を作って猫を捕らえて、箱に閉じ込めて、箱を棒でぶっ叩きまくっていたのだそうです。

恐怖心を植付けられた猫は、二度とじーさんの家に姿を現さなかったとかなんとか。

自分で罠を作るってところがすごい。

あの光景を盗み撮りしてれば、アメリカのドキュメンタリー映画賞を取れたかもわからん。

Posted on 08:29 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

好み  

どうも自分が好きそうな小説ばかり選んで読むクセがあっていかんです。

「まあまあ面白い」よりも、「クソつまんねー」の方が、なんか思想の幅が広がるような気がする…。


…思想の幅て。


車のエアバックおっぱいにしたら(運転席と助手席で二個出る)どうだろう。

あ、さかなクンが「すごいですよー!」って言う声が聞こえた気がした。

Posted on 09:03 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

パワースポット  

どこか近場でパワースポットっぽい所は知らないか、兄に聞いてみた所、豊栄にダチョウがいると教えてくれたので、友達と行ってきました。

ごうごうと吹き付ける強風と小雨の中、いましたよ、ダチョウが。10匹くらい。わさわさと。

奴ら、一生懸命周りに張り巡らされた網をつっついてました。

そのせいか、ところどころ破けて穴があいています。

諦めてないんですね。自由を。

ネバーギブアップの精神。あっぱれです。

100円で餌買って、柄杓に入れて食わせました。

俺もソフトクリームを買って食べました。

うまかったです。

帰り際、若い女の子二人組とすれ違いました。

ダチョウウォッチングが新潟のナウなヤングの間で意外と流行っているようです。

俺がもうちょっとイケイケだったら話しかけていたかもしれません。

そう、イケイケだったら。

Posted on 13:27 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

すごく汚い話。  

うんこ、おしっこときたので、もうひとつだけ汚い話を少し。

高校の時、半年間だけ山岳部に所属してました。

夏合宿で、標高1000メートル付近のキャンプ場に、2泊した時のことです。

3日目の早朝、同級生の友人が、おかずのハムをつまみ食いしていました。丸くて、薄くスライスされた普通のハムです。

しかし、ふと、そのハムの表面で何かが動いていることに気付きました。

ハムを手にとり、よく見ると、それは蛆でした。

白い蛆が、うにうにと、ハムの上で身をよじっていたのです。

俺は慌てて友人にそのことを伝えました。

驚いた友人は口の中の物を吐き出しました。

しかし、ほとんどはもう飲み込んだ後でした。

口を押さえて、草むらに駆け込み、胃の中の物を吐き出す友人。

俺は急いで水を持って友人の元に向かいました。

前屈みになってえずき続けている友人。目からは涙も流していました。

しかし、そんなかわいそうな友人を前にして、俺の目は、その友人の足下にあった、巨大なうんこに釘付けでした。

あきらかにできたてホカホカの人糞です。誰だこんなテントに近い所にした馬鹿野郎は。

俺は友人に言いました。

そこ、うんこあるから気をつけて、と。

友人はそれを見て、2~3歩うんこから遠ざかるようによろめき、いっそう激しくえずきました。

ちょっとした地獄絵図でした。


吐いた友人は山岳部を辞めると言ったので、俺も便乗して辞めました。

あのうんこが誰の物であったかは、未だにわかりません。

Posted on 04:13 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

背負いし者  

市川海老蔵と結婚した小林麻央。

ふと目に入った彼女のプロフィールを見てビックリしました。

1982年の7月21日生まれ。

お、俺と同じじゃないかー!

つまり、彼女もまたオナニー(0721)の十字架を背負いし者…!

なんだこの差は!

歳も誕生日も同じ! 占い的には彼女と俺はピッタリガッツリ同じなはずなのに!

俺も海老蔵と結婚してー!

Posted on 09:30 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。