山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

水曜日  

夏休み最終日。
晴天。風があって涼しい。
どこかに出掛けたいなと思った。

というわけで、IKEAへ。
IMGP1911.jpg

昨日見た「マツコの知らない世界」の雑貨特集が面白かったのである。

IKEA、とんでもないでかさであった。
品揃えも大変豊富であった。
しかし、欲しいもの、別になにもなかった。
しょうがないので商品より客を眺めて楽しむことにした。

IKEA、カップルが多かった。
いたるところで若い男女がソファーに座り、互いに見つめ合っていた。
どうせならベッド売り場で本番を初めてほしかったが、さすがにそんな客はいなかった。
北欧のブランドなのだから、フリーセックスのイズムも受け継いでほしいものである。

あとは子供がたくさんいた。
みな楽しそうだった。
クッションに顔をうずめたり、鍋に頭を突っ込んだり、カーテンに巻き付いたりしていた。
ひとりひとりに「明日から学校だね」と意地悪なこと言いたかったが、分別のある大人なのでそういうことはしない。

しかしまあ、本当に欲しいものがない。
多分うちに誰かが来ることなんてまずないから、家具も雑貨もどうでもよくなっちゃってるんだろう。
彼女でも出来たらきっと間接照明を20個くらい買ってきて間接の域を超えてくる暴走を見せるに違いない。

しょうがないので食品売り場でクソマズそうなお菓子を買う。
1グラム3円とあるので、安いなあと思ったのだが、軽く袋に詰めただけで600円した。
IMGP1912.jpg

IMGP1915.jpg

一見クソマズそうなお菓子、帰宅後食べてみたら本当にマズかった。
マズい上に歯にぬったりとへばりついてくる。
こんなの食ってたらあっという間に虫歯になりそうである。

IKEAは彼女ができたらまた行くかもしれない。
つまりもう二度と行かない。
グッバイ、IKEA。
スポンサーサイト

Posted on 20:01 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 5

火曜日  

アップルシナモンロールを食べながらこのブログを書いている。
音楽はテイラースイフト。
女子力が高い。
全裸だがな!

この間の富士登山で長く陽に当たったせいか。
頭の皮がむけ始めた。
こんなの人生初めてだ。

薬局で垢を落とす薬品が売っていたので、それをつけて頭をこすってみた。
ボロボロボロボロ皮がめくれ落ちる。
非常に気持ち悪い。
アップルシナモンロールとテイラースイフトではかばいきれない気持ち悪さ。
ちゃんと帽子被っていればよかったなぁと後悔。

最近黙々と北方謙三の「水滸伝」を読んでいる。
長い。
文庫で18か19冊くらいあるらしい。
でも面白い。

今まで歴史ものはなにひとつ読んだことがなかった。
三国志はさっぱりわからないし、大河ドラマも一本も見たことがない。
一生縁のないジャンルなんだろうなと思っていた。

すべてに期待しないこと。
前にブログのコメントで水滸伝が面白いと言っている人がいた。
期待しないから、逆に、つまらなかったらすぐ捨てればいいやと軽い気持ちで読み始められた。
で、読んでみたら面白かった。
これでいいと思う。

時間の無駄、お金の無駄、労力の無駄。
この3無駄が、余計なことはしたくないという気持ちにさせる。

すべてに期待しないこと。
期待をするということは、期待を裏切られたくないという気持ちの裏返しでもある。

期待せず、フラットに。
エロ漫画雑誌、LOなんかも、読んでみたら意外と楽しめるのかもしれないね。
今度買ってみようかしら。

Posted on 23:36 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

月曜日  

雨が降っていたが、もう夏休みも終わるので、イヤイヤ必要なものをそろえるために買い物に出掛けた。

電球、バリカン、クレ556、ミスノン(修正液)などを購入。

バリカン、とうとう駄目になった。
へとへとになったロバのように疲れきったバリカン。
最後はもうパワーがなくて髪にひっかかりまくった。

ヨドバシに行き、2000円程度で新しいのを買う。
2000円。
そんなに高い買い物ではない。
もっと早く買い替えるべきだったなぁと思う。
限界まで酷使されてかわいそうに。
小生、南北戦争前のアメリカに金持ちで生まれていたら、さぞ奴隷に酷い仕打ちをしていたに違いない。

クレ556は金属の潤滑剤だ。
300円程度で買えた。もっと高いと思っていた。
うちの玄関の鍵、ずっとひっかかりが酷かった。
酷い時は1分近く、鍵の抜き差しを繰り返さないと鍵が開かないこともあった。
がちゃがちゃ鍵を抜き差しする姿、傍から見たら泥棒にしかみえない。
そこでクレ556の出番である。
鍵穴にプシューッと吹きかけた。
するとどうだろう、スッカスカである。
スッカスカすぎて鍵がちゃんとかかっているのか不安になるくらいスッカスカの手応え。
もし巨根の外国人に襲われても、ケツにクレ556を吹きかければ、きっと痛くない。
すごいぜクレ556。

夏休み、残り2日。
宿題があるわけでもないのでこのままダラダラ過ごす。

Posted on 22:35 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

日曜日  

駅前で車に轢かれそうになった。
改札横のパン屋でドーナッツを買って、それを食べながら信号を渡ろうとしていたら、車が目の前1メートルを普通に通過していった。

信号はちゃんと青だった。

助手席のおばさんが赤信号を指差し、車は横断歩道を過ぎたあたりで止まった。
運転していたおばさん、笑っていた。
助手席のおばさんも笑っていた。
食っていたドーナッツを投げつけてやりたかった。
ポケモンGOよりおばさんの方が怖い。

伊集院光がツイッターで次のような質問をされていた。

伊集院さんは、充実した、凄く楽しそうに毎日を過ごされているように感じられます。 毎日充実した生活を送る為に1番大切な事とは何だと思われますか?

それに対して伊集院の答え。

全てに期待しないこと。

いい答えだと思う。
心に刻み込みたい。

Posted on 23:07 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 6

土曜日  

映画でも見に行くかと上映スケジュールをチェック。
「ライト/オフ」というタイトルが目に入った。
たしか前に予告動画を見て怖そうだなあと思った記憶がある。

小生、現代のサムライ。
この間テレビでやっていた「本当にあった怖い話」だって録画した程のキモの太さ(見てはいない)。
どれ、いっちょどんなもんか見たろうじゃないかと電車に飛び乗った。

土曜日ということもあって、結構お客は入っていた。
カップルが多い。
ホラーもひとりで見れない腑抜け共が。
甘い匂いさせたポップコーンなんぞイチャイチャ食いやがって。
サムライは滅びつつある。

映画の内容はあまりわからなかった。
なぜならほとんど耳をふさぎ目をつむっていたからだ。
なんだあれ、おっかねえ。ふざけんなよ。寿命縮むわ。

あえて言おう。
1800円損した。

Posted on 11:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

金曜日  

休み。

いや、まあ、今月はずっと休んでいるのだが、今日は筋肉痛で体中痛いし、日焼けで顔は熱いし、いくら寝ても眠いしで、結局なにもしないまま1日が終わってしまった。

なので昨日の富士登山の話をもう少し。

終盤、腹は痛いし膝は痛いしで大変だった。
そんな状況でも人間、スケベ心というものは残るものである。
正面から歩いてきた外国の女性、胸が大きかった。
しかもなんと、乳首が浮いていた。
立派なマウントフジであった。
小生、見とれた。
そして馬の糞を踏んだ。

富士山の5合目、なぜか知らんが乗馬ができる。
その馬がした糞をモロに踏んだ。
うんこを我慢しながらうんこを踏んだのだ。

横を歩いていた友達、「踏んだぞ」という事後報告しかしなかった。
注意も笑いもしなかった。
友達も疲労でヘロヘロだったのだ。
人間疲れきるとうんこを踏んでもリアクションをしなくなるのだと知った。

Posted on 23:12 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

木曜日  

富士山に行ってきた。
予定通り夜明け前3時に友達が迎えにきて、6時半に5合目到着。

序盤は割と晴れていた。
とてもいい眺め。
IMGP1900.jpg

しかし8合目あたりからはずっと曇の中。お目当てだった火口も霧で見えず。
残念。リベンジならず。

頂上で再びお守りを買い、絵馬を描く。
となりの絵馬、14歳の子が「受験がうまくいきますように」と真面目なお願いをしていて心が痛い。
IMGP1905.jpg

下りは登りより苦手。
早々に膝が痛くなって大変だった。
おまけに終盤、お腹まで痛くなった。
一刻も早くトイレのある5合目まで行きたいのに足が動かない。
へっこへっことお腹を抱えながら必死に歩く。

なんとか富士山を汚すことなく5合目に到着。
しかし5合目、木曜なのに観光客でごった返していた。
そこいら中から聞こえてくるのは中国語。
おそるべしチャイナマネー。
急いでトイレに入るも個室は3人並んでいた。

人間、不思議なものでトイレを目の前にすると急に肛門が緩みだす。
震えた。今にも漏れそうだった。

しかしなんと、4つある個室が次々と一気に空いた。
助かった。個室に駆け込む。

便器は和式だった。
小生、肛門だけではなく、膝も長い下りで限界を迎えていた。
座れないのだ。
冗談じゃなく、本当に、うんこ座りができない。
膝がガクガクふるえ、中腰以上かがむことができない。
なんなんだこれは。
これは一体なんなのだ。
誰なんだ、こんなところに和式便所を設置したやつは。
鬼か。いじわるとしか思えない。

最後の力を振り絞った。
こんな必死なうんこは初めてだ。
お尻は立ちながら拭いた。

富士山、もう二度と来るかと思った。

帰ってバンプオブチキンを久しぶりに聞いた。

死んだ心をどうするんだ 忘れたふりして覚えているんだろう

バンプの歌詞でクソみたいなクソの話をいい話ふうに見せる作戦。

アルエ〜エ〜!

Posted on 21:19 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

水曜日  

2016824.jpg

明日、また富士山に登る。
そのための準備をした。

ウィダーインゼリーを8個、板チョコ2枚、飴、ポカリスウェット500mlを2本、絆創膏、DMMでエロ動画などを購入。
夜中の3時頃家を出る予定。
普段は2時頃寝ている。
体質的に、夜更かしはできても早寝はできない質なので、睡眠時間はまともに確保できない。
まあ前回もほぼ寝ないで登ったのでなんとかる、と信じたい。

映画を2本観た。
「サウルの息子」「プラダを着た悪魔」。
「サウルの息子」はただただ救いがなく、「プラダを着た悪魔」のアンハサウェイは相変わらずジョジョに出てくる女みたいな顔をしていた。

さあ、あと数時間もしたら富士山だ。
地獄、再び。

Posted on 23:46 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

火曜日  

20168221.jpg


20168222.jpg


20168223.jpg


20168224.jpg


「こまめに」を「細めに」と書いているところに馬鹿さがにじみ出ている。

まあ馬鹿なのは置いといて、数ページだけ使って放置していたノートを再利用し始めた。
映画などを見たら、良かったところなどをひとつくらいはメモるようにしている。

今まで何冊ものノートを数ページだけ使っては途中で挫折してきたが、今回は最後まで使い切れると思う。

頑張るからではない。
諦めたからだ。

素敵なことで埋め尽くされた素敵なノートなんて作れないのだと諦めた。
大して気に入らないことでもガツガツ書き込んでいく。

なんだろう。

そういう人間なのだ。

いろんなことを、諦めて、諦めて、諦め続けて今がある。

悪く言えば負け癖がついている。
勝ちに対する執着が薄い。

でもそれでいいと思う。

負けたくないという気持ちは、時に勝負自体を回避させる。

しょうもないノートを作る。
しょうもない漫画も描く。
ド下手でもフットサルに行く。

それでいい。

Posted on 22:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

月曜日  

ある漫画家、F先生が、「シンゴジラを面白いと言ってる人は粟とか稗しか食べたことのない人」と言って大炎上したらしい。
昨日の漫画友達との食事でその話を聞くまで知らなかった。
漫画業界ゴシップに疎い。

F先生はご丁寧に感想を漫画にしてあげていて、今日見てみたのだが、なるほど、面白いなあと思った。
シンゴジラ、ただの米だけじゃんといった内容。
米だけ食ってなんで喜べるの?普段粟や稗しか食べてないの?

これを見て、昔、大変お世話になった先生が言っていたことを思い出した。

「ある種の人間には、アクションシーンはないのと同じらしい」

例えば「ブラックホークダウン」という戦争映画。
この映画、人間ドラマがない。
ただただ2時間以上撃ち合っているだけの映像が延々続く。
ある種の人間には、この映画、内容が全くないように感じるらしいのだ。

シンゴジラも、大雑把に言ってしまえば、ゴジラがやってきてやっつけるだけの話、と言える。
ある種の人、件のF先生のような人には、シンゴジラはドラマ性のない米だけの味気ない食事のような映画に感じたのだろう。

F先生はボロカスにやられているそうだが、そういう人もいるという話は聞いていたので、怒りより面白いなあという思いが湧いた。

ただまあ、怖い話だ。
出版社の力を借りず、自分の力だけで名を上げられる時代になった。
でも逆に、悪い方向に名前が広く知れ渡る危険性も孕んでいる。

自分はあまり深く考えず適当に漫画を描くタイプの人間なので気をつけたい。

Posted on 18:36 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 7

日曜日  

人数の足りないフットサルでヒーヒー走り回り、急いでコミティアへ。

今回はなぜか差入れを持ってきてくれる人が多く、女性も※何人かいて、大変気分が良かった。
モテモテになった気分である。
人生34年目にしてピーク来たる。

コミティア後は市川和馬先生、澤江ポンプ先生、鈴木健也先生と食事(健也先生のおごり!)。

やれこのブログの「小生」とはありゃ一体なんなのだ、だの、
この間書いたファンタジー漫画すごくつまらなかったよ、だの
せっかく久しぶりに会ったのに小生のことをみなで馬鹿にするのであった。

ピーク、終了。

まあ楽しかった。
いろいろあった4人だけど(大半は酷いこと)、これからも誰か欠けることなく、定期的に会って遊べたらいいなと思う。
高尾山とか登りてえ。



※何人か、というのがありえない。
今までは女性なんてめったに来ないので、完全に人数を把握していた。
とは言っても4人か5人くらいなのだが。

Posted on 23:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

土曜日  

ずっと「ウィークエンドシャッフル」の24時間放送を聞いていた。
この番組、24時間ちゃんとやってていい。

テレビの27時間テレビなんかは、27時間と銘打っているが、普段の番組をむりやりつなげただけみたいな内容(サザエさんやってたり)であまり好きではない。

「ウィークエンドシャッフル」は、MCの宇田丸さんが2時間の仮眠を除いてず〜っとトークを繰り広げていた。
24時間放送に一番求められる、「朝でも昼でも夜でもいつでもやってる」感があっていい。

明日はコミティアだがフットサルに参加してから行く。
フットサル、休むつもりでいたが、天気が悪いからってキャンセルした人が多いらしくて人数が足りないらしい。
人が足りないと主催者がひとりでキャンセル料を負担することになってしまう。

オンラインゲームでもそうだけど、途中抜けする人はあまり好きじゃない。
多少楽しくなくても最後まで責任もっていようぜ。遊びでもさ。

しかしフットサル行った後にコミティアか…。
体力もつかな…。

Posted on 23:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

金曜日  

2016819.jpg

今日もランニング中に上半身裸で下はロングスパッツのおじさんとすれ違った。
そのおじさん以外にもうひとり、上半身裸で走っているおじさんがいた。

夏の上半身裸、大変気持ち良さそうである。
小生も裸で走りたい。
憧れのアメリカ西海岸のようではないか。裸でランニング。
しかしこのガリガリでみすぼらしい体、恥ずかしい。
下手したらどこかで監禁されていた男が必死に逃げているところと間違われかねない。

なんせ小生、中3のころのあだ名、「難民」であった。
西海岸から最も遠いあだ名である。

つらい。

映画、「コップカー」を観る。
面白かった。いい映画。
すごく低予算で作られた映画だと思うのだが、監督は次のスパイダーマンの監督に抜擢されたらしい。
アメリカ、動くのが速い。
シンゴジラ、アメリカ人が見たら面白くないんだろうなぁ。
どうするー?どうするー?なんてあわあわしないマッチョな国。

上半身裸で海岸を走る国。

Posted on 22:29 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

木曜日  

2016818.jpg

土性選手、金メダルおめでとうございます。
素敵すぎます。
あのたくましく美しい腕に抱かれて眠りたいです。

今日は初めて入る定食屋で昼飯を食べてみることにした。
カウンター席に座る。
店内は結構混んでいた。
両脇にはサラリーマン。
頼んだ生姜焼き定食は数分で来た。
おいしそうだ。

箸を取る。
取れない。
箸が取れない。
箸立ての中に箸がギュウギュウに詰まり過ぎていて取れない。
まるでサイズの合わない指輪をはめてしまったように取れない。
両脇のサラリーマンの視線が気になる。
恥ずかしい。
こんな店来なきゃよかった。
いつも通りサイゼリアでランチでも食ってればよかったんだ。

その時、隣のおじさんが無言で別の箸立てを小生の前に差し出してくれた。
ありがとうございますと、箸を受け取る。
おじさん、「ん」と言うだけで、箸置きを戻した。

生姜焼き定食はおいしかった。
実際の味以上においしかった。
東京の人は冷たいなんて嘘だ。
正確には神奈川の人だけど、とにかく優しい人もいる。

その定食屋はご飯のおかわりが自由だった。
カンター席の後ろの方に釜が置いてあって自由によそえるようになっている。
優しいおじさん、茶碗を持って釜の方に歩いて行った。

おじさんの皿にはとんかつが2切れ乗っていた。
2切れか、少ないな、と思った。
おじさんが席を離れている隙に、小生の生姜焼きを箸のお礼に分けてあげたら喜ぶだろうか。
お、なんか知らないけど生姜焼きが。ラッキー。的な。
んなわけない。
気持ち悪いに決まってる。

人に優しくするのは難しい。
己の無力さを感じながら味噌汁をすすった。

Posted on 22:51 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

水曜日  

2016817.jpg

本屋に行ったら休みだったので、そのまま電車に乗って「シンゴジラ」を観に行った。
2度目でも面白かった。
課長補佐のイラストはツイッターでよく見かけるが、石原さとみの方はほとんど見ない。
描いてあげればいいのに。小生は描かないが。

富士山リベンジに向けて※モンベルで帽子を買った。2200円。
夏山の日差しはキツいらしいので必要とのこと。
前回は雨だったから暑さはほとんど感じなかったのよねー。

被り心地、大変よい。
前に新潮社の新年会で「山と食欲と私」の作者さんとお話したが、
その人は全身を山ファッションで統一していた。
その気持ちが少しわかる。
登山用品、機能的で大変着心地がいいものばかりだ。
リュックは背負ってて疲れにくいし、
雨具はまったく雨を通さないし、
ズボンは速乾性がすごいし、
靴もレッドウィングとは比べ物にならないほど履き心地がいい(そしてレッドウィングより安い)。

オシャレは我慢という言葉もあるが、
夏冬問わず山装備は快適でいいなあ。



※友達が言うには山装備の中でも割と安めのブランドらしい。
もっとお金を出すとパタゴニアというシーシェパードを支援しているブランドなどもある。
映画、「Xミッション」で捕鯨の話が出た後にパタゴニアの服を着た男が出てきて辟易、小生そこで映画見るのやめた。

Posted on 22:45 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

火曜日  

20168161.jpg
20168162.jpg
20168163.jpg
20168164.jpg
20168165.jpg
20168166.jpg

漫画を描いていた。

ファンタジー漫画をいつか描きたいと思っていたけど、いつかいつかと言っていつまで経っても描かないから、
とりあえず短いの描いてみた。

うーん、難しいぜ、ファンタジー。

まあ描いただけ偉いとしておこう。

Posted on 23:13 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

月曜日  

「ダンジョン飯」3巻が面白くて完全にやる気をなくしたので、逆に漫画を描いていた。
モチベーション0から動けるよう鍛えているのである。

夕方、ランニング。
野菜の無人販売所でキュウリが売っていた。
3本100円。
自炊をしないので高いのか安いのかわからない。
わからないが、うまそうな夏のキュウリだ。
猛烈に※キュウリに味噌とマヨネーズをつけて食べたくなった。

この間ランニング中に迷子になってから、いざという時のため、ポケットに150円入れるようにしていた。
脇に置かれた箱に100円を入れ、キュウリ3本ゲット。
鞄などないのでキュウリ3本を手に持ったままランニングを続けた。

川沿いの道を頭の薄くなったおじさんがキュウリ持ちながら走るなんて、現代のカッパのようだ。

返って風呂に入り、スーパーに行って、小さなマヨネーズと味噌を買い、キュウリに付けて食べた。
コンビニやスーパーのお弁当ばかり食べる日々。
新鮮でシンプルなキュウリはすごくおいしかった。
でも1本と半分食べたところで飽きた。
残り一本半、あとマヨネーズと味噌、どうしよう。

冷蔵庫がないとやはり不便。

小さいのでいいから買うべきか。



※村上春樹の馬鹿みたいに売れた「ノルウェイの森」という小説の中で、死にかけの男がキュウリを食べるシーンがある。すごくいい食事シーン。

Posted on 21:29 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

日曜日  

何もうまくいかない一日であった。

今日も漫画を描こうとしたが、うまく描けず途中で放り投げた。

競馬はちっとも当たらなかった。

借りてきた映画はおそろしくつまらなかった。

ゲームはまったく勝てなかった。

買ってきたお弁当はおいしくなかった。

そんな中でもランニングはいい汗がかけて気持ちがよかった。
ランニングはいい。
別に楽しくはないけど、3キロほど離れたとこまで行って帰ってくるだけでやった気になれるからいい。

掃除だとか、ランニングだとか、やればやっただけちゃんと成果を感じられる習慣は大事。

Posted on 22:46 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

土曜日  

20168131.jpg
20168132.jpg

今日も漫画を描いた。
2ページも描いた。
休みなのに偉い。
ツイッターにあげたら「気持ち悪い」と言う人いたけど偉い。
ちゃんと自分を褒める習慣。

友達が富士山リベンジを計画している。
今度こそ晴れの日に登って日本一高いところからの景色を見たいらしい。

地獄へ、再び。
でも今度こそ雨が降ったら登らない。
日帰りで温泉でも行く。

Posted on 20:55 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 7

金曜日  

2016811.jpg
2016812.jpg

昨日、今日と、漫画を描いた。
「働かないふたり」以外の漫画を描くのは久しぶりだ。

久しぶりすぎて全然描けなかった。
そういう時は適当に描くのがいい。
1ページでいい。
1描写でいい。
面白くなくていい。
とにかく描くのがいい。

天才でもないくせに、切れのある豪速球で三球三振にしとめようなんて考えはおこがましい。
打たれても別に誰の迷惑にもならない。
ポイポイ投げろ。
描けない時は、それが大事。

…という言い訳。
でもホント大事よ。

Posted on 23:31 [edit]

category: 未分類

木曜日  

友達からサファリパークの写真が送られてきた。
キリンのケツ、かわいい。
DSC_2483.jpg

景色がいい。
DSC_2625.jpg



ひとつ後悔していることがある。
サファリパークでポニーに乗ることができた。
体重制限は60キロまでだった。

60キロじゃ、女性と子供が乗るものということだろう。
でも小生、60キロないのでいけた。
ポニーに乗りたかった。

しかし、男ふたりの客で、ひとりがポニーに乗って、もうひとりが写真を撮るって、かなり絵的に厳しいものがある。
エサの人参をあげるだけで我慢して帰ってしまった。

せっかく行ったんだから乗ればよかった。
ゴミみたいな思い出でもなにもないよりマシだ。
人生、ゴミで埋めるくらいの気持ちで生きたいものである。

Posted on 19:54 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

水曜日  

休みでもランニングは続けている。

ご機嫌な夏の音楽を聴きながらトロトロ走っていたら、後ろから上半身裸のロングスパッツ男がすごい勢いで小生を追い抜いていってめちゃくちゃ驚いた。
小さく「うわ」と声を出してのけぞる。

西日を浴びてキラキラと光る草に囲まれた道をシュタタタタタと駆け抜けていくおじさん。
以前豪雨の時にすれ違ったおじさんだろうか。
わからない。
同じと言われたら同じ気もする。
あの時は水煙ですぐに姿が見えなくなったが、上半身裸でロングスパッツのダッシュおじさんなんてそうはいない。

おじさん、少し行ったところでペースを落として走っていた。
小生、追い抜く。疲れたのだろうか。
しばらく走っていたら、またおじさん、ものすごい勢いで小生を追い抜いていった。
そしてまた、少し行ったところでペースを落として走っていた。

どうやらダッシュとジョグを繰り返しているらしい。
サッカーでもそういうトレーニングがあるとは聞いたことがある。

しかしなんというか、何度も上半身裸のおじさんに追い抜かれるのはあまり気分のいいものではない。
小生、おじさんを再び追い抜き、一気にペースをあげた。
おじさんのダッシュで追いつかれないよう距離をあけようと思った。

ある程度行ったところで後ろからシュタタタタタという音が聞こえてきた。
駄目だ、また追い抜かれる。
小生、さらにペースをあげる。
おじさん、小生を抜くことなくジョグに戻った。

そのままおじさんを突き放す。
勝った。

家に帰ったら足の親指に血豆が出来ていた。
どんだけ必死に走ってるんだ。

これじゃ明日は走れないかな。
江頭親父の呪い。

Posted on 23:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

火曜日  

昼、駅前のサイゼリアでランチを食べるため外に出る。

今日はとても暑かった。
東京も場所によっては38度を超えたそう。

坂道をてくてくと下っていたら、下の方から子供を自転車の後ろに乗せた女性が登ってきた。

小生の住む街は坂道が多く、普通の自転車は使い物にならない。
主婦はみな電気自転車に乗っている。

小生も昔、担当にいらなくなった自転車をもらったが、
あまりに坂がキツすぎて捨ててしまった。

しかし電気自転車とはいえ、この暑さに、結構な勾配の坂、そして子供である。
主婦、立ち漕ぎでギッチギッチと体を左右に振りながら坂を登ってきた。

母は強し。

すれ違うとき心の中で頑張れとエールを送った。

そこで気付く。
電気自転車ではなかった。
普通のママチャリだった。

この坂を主婦が普通の自転車で上っているところを始めてみた。
すごい女性である。

呆然と、主婦の後ろ姿を見届ける。
黄色いTシャツに大きな汗染みができていた。

その姿に元気をもらえた。
小生、サイゼリアでライス大盛りを頼み、残さず食べきる(いつもはライス小)。

戦っているのは地球の裏側だけではないのだ。
頑張れ、ニッポン。

Posted on 19:52 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

月曜日  

今日も休み。
朝からサッカーリオオリンピック日本代表戦を見た。

試合は面白かった。
コロンビア相手に2−2のドロー。
すごい。強いよ日本。
至上最弱の世代なんて言う人もいたけど、強豪コロンビア相手にドローなんて本当にすごい。
小生の土下座サッカーとはえらい違いである。

夜、本屋に行く途中、4人の若者とすれ違った。
みななぜか歯磨をしながら歩いていた。
なんなんだあれは。
現代の妖怪だろうか。

久しぶりに「ホットミルク」というエロ漫画雑誌を買ってみたのだが、なかなかよかった。
南田U助先生の「どきどき町内会」、今年のエロ漫画オブザイヤーにノミネート決定。

Posted on 22:24 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

日曜日  

フットサル、暑かった。
太陽は照りつけ、青い空に夏らしい白い雲がぷかぷか浮いていた。

しかし、暑さというのはジッと受け身で耐えるのは苦痛だが、自ら飛び込んで行くとなかなか気持ちのいいものである。
寒いよりずっといい。

今日は女性が4人参加した。

途中、男性の蹴ったボールがある女性に当たった。
男性、土下座で謝る。
大丈夫ですと笑顔で応える女性。

その数分後、別の男性が蹴ったボールがまた同じ女性に当たった。
その男性もまた、土下座で謝った。

そしてなんともうふたり、蹴ったボールが同じ女性に当たった。
計4人の土下座。
女性には災難な日であった。

その後、その女性の蹴ったボールが小生のみぞおちに当たった。
なぜかまわりの男性陣が小生に謝った方がいいと言う。
小生も腹をおさえながら女性に土下座。

夏の土下座フットボール。

休憩中、最近泣いた映画の話になる。
『「エヴァンゲリオン」で泣きました』と返答。
まわり、キョトン。

『「シンゴジラ」が面白くて、久しぶりに「エヴァ」見返したら泣いちゃったんです』
まわり、キョトンキョトン。

まずみんな「エヴァンゲリオン」を見ていなかった。
そして、「シンゴジラ」なんて、「そういえばそんなのやってるみたいだね」くらいだった。
もちろん「エヴァ」と「シンゴジラ」の監督が同じであることなんて知らない。

ツイッターで話題になっていることが、そのまま世間の話題ではないことを改めて知る。

帰宅後、競馬。
久しぶりに当たった。

ほくほく。
いい日。

Posted on 19:51 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

土曜日  

8時前に友達が到着。予定通り富士サファリパークへ向かう。

途中、「御殿場アウトレットモール」の看板を見つける。
ここが噂のアウトレットモールか!

「やっぱこっちに行こう!」とダダをこねるが
「今日はキリンさんを見るんでしょ!」と叱られ、ふてくされる。

10時過ぎ、サファリパークに到着。
今日は暑かった。
サファリパークは車の窓を開けることが許されていない。
太陽の光が窓にあたって、車内からうまく写真をとることができなかった。

前に行った動物園の方がキリンに直接エサとかやれてよかったね、なんて感じで
大してテンションも上がらずダラダラ見てまわった。

ある程度進むと車を降りて見てまわるエリアに入る。

カップルが猿を見ながら、昨日放送していた「もののけ姫」のショウジョウ様のモノマネをして笑っていた。
こっちはおじさんふたりなので冗談なんて言わない。
黙々と動物たちを見てまわる。

途中、昆虫ゾーンがあった。
有料で300円取られるが入ってみる。

一見、網で囲まれたただの森であった。
どこに昆虫がいるんだよと進んでいくと、

「あ、いた」

と、友達が木に止まっていたメスのカブトムシをひょいと掴んだ。

小生、よく考えてみたらカブトムシを間近で見るのは始めてであった。
巨大なカナブンにしか見えない。
気持ち悪い。
やだーやだーと悲鳴をあげる。

そしたらその辺にいたガキまでなぜか笑いながらこちらにザリガニを向けてトタトタと近寄ってきた。
なんで昆虫コーナーにザリガニいんだよ。
てか親なにやってんだよ。

小生、逃げる。

2時すぎ、アウトレットパークに向かった。

バナナマンのラジオで度々名前のあがるモンクレーというブランドの店があったので「おうおうおう」と入ってみる。
何の気なしに適当にダウンジャケットの値札を見たら240000円であった。
小生と友達、転がるように店から逃げ出す。
恐ろしいところだ、モンクレー。

適当にクレープ食べたりしながらブラブラ見てまわって何も買わずに帰宅。
疲れた。

明日はフットサル。
このクソ暑いのに大丈夫か、ちと不安。

Posted on 22:20 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

金曜日  

2016852.jpg

巨乳とかむちむちどころじゃない。
ガタイのいい女が好きなのだ。
ああ、ガタイのいい女ハーレム漫画が読みたい。
読みたいけど描きたくはない。
好きな人すごく少なそうだし。

今日はBDで「ジョンウィック」を、テレビで「もののけ姫」を見た。
どちらも面白かった。

歳を取ると涙もろくなるとはよく聞くが、小生、ここ数年、すごくカッコいいものを見ると涙が出てくる。

キアヌリーブスがカッコよく銃を乱射しては涙を流し、
アシタカがカッコよくサンを助け出しては涙を流した。
そういえばこの間の「シンゴジラ」もゴジラがカッコよくて泣いていた。

若い頃はこんな泣き方しなかったのだが。

その内カッコいいスニーカーとか見るだけで泣くかもしれない。
原宿を泣きながら歩くおじさんは奇妙だろう。
道ゆく人はみな、親父狩りにあったのだろうと哀れみの目を向けてくるに違いない。

まあカッコいいもので泣くくらいならまだいい。
これが可愛いもので泣いたり、エロいもので泣いたりしたらいよいよヤバい。

AVを見ながら号泣。
心底気持ち悪い。

明日は友達とサファリパークに行く予定。
小生、キリンさんが見たい。

Posted on 11:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

木曜日  

今日も休み。
休みだが、やることも、やりたいこともないので、落書きしていた。

むちむち。
201684.jpg

近所のお花屋さんの店員が大きなリボンの付いた帽子を被っていてかわいかった。
彼女のファッションを見るのが日々の小さな喜びだったりする。
2016842.jpg

この間のフットサルで新潟市の出身だと言う人と会った。
新潟の学力の低さで盛り上がろうと思ったら、その人、新潟のトップクラスの高校に行き、ちゃんと東京の大学に行っていた。
新潟の人間がみんな馬鹿というわけではないのだ。

それはそれとして、新潟には楽しいところがなにもないという話で盛り上がる。
県外から友達が来ても連れて行くところがないのだ。
米と亀田製菓とブルボンしかないのだ、新潟は。

試しに地元の友達にメールで聞いてみる。

「新潟の観光スポットは?」

「アルビレックス新潟じゃない?」

なんでわざわざ県外からあんな弱小チーム見にこにゃならんのだ。
たぶん今年J2に降格だし。

結局やっぱり新潟には遊びに行くところがないという話になる。

郊外の巨大なイオンと、パチンコ屋と、駐車場しかない街、新潟。
雪国と見せかけて、雪の積もってる日が10日くらいしかない新潟市。
やたら天気が悪い、陰鬱とした、自殺率の高い街。

まあ地方都市なんてどこもそんなものなのかなぁ。

Posted on 22:23 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

水曜日  

今日も休み。
だらだらと映画を見た。

「エヴァンゲリオン破」2度目、「スクールオブロック」「イエスマン」。

コメディー多め。

「イエスマン」は否定的な主人公がなんでもかんでも「イエス」と肯定し、世界と積極的に関わっていくことで、人生が変わっていくという映画。
下手な自己啓発本を見るよりよっぽどやる気が出るいい映画。

そういえばこの間ゾゾタウンで服を見ていたとき、胸元に「YES」とプリントされたTシャツがあったなと、検索してみる。

あのTシャツを着てもっとポジティブに生きるのだ。
「SAY YES!」
チャゲ&飛鳥。
ばっちこい覚せい剤。

Tシャツ、4500円。

高い。

NOで。

小生、イエスマンになれない。

Posted on 23:14 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

火曜日  

この間、フットサルのメンバーのひとりがものすごく近所に住んでいることがわかった。
どれくらい近所かと言えば、室伏広治なら小生の家からそのメンバーの家にハンマーをぶち込める程度に近所だ。
今朝、大量のエロ漫画雑誌を捨てたのだが、こんなところ見られたらちょっとイメージ悪くなってしまうなと思った。
「LOは読まないんですか?」的なノリで接してくれれば嬉しいのだが、イケイケのヤングマンなのであり得ないだろう。
部屋着ではなく一応オシャレをしてエロ漫画雑誌を捨てる。
「エロ漫画すか〜?」と問いつめられても「でもこのシャツ、フレッドペリーだからね!」でキリッと乗り切る所存。
少し住みにくい街になってしまった。

シンゴジラが面白かったので、エヴァがまた見たくなった。
序破Qの3本を借りてきて見る。
とても面白かった。Qは相変わらずちょっとよくわからないけど面白かった。
ポカポカしてる綾波がもっと見たい。

落書き。
201682.jpg

Posted on 22:34 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。