山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

水曜日  

新潟から来た友達と沼津へ遊びに行った。

深海魚の水族館を見て、海鮮を食べ、沼津の町をぶらぶら歩いてまわった。

沼津は働いていた頃に4ヶ月ほど住んでいた。
およそ9年ぶりの沼津。

よく行ったスーパー。
休みの日に通っていた図書館。
何度か行った映画館(ボーンアルティメイタムとか見た)。
ラーメン屋。
本屋。
ひとつひとつの道。
嫌で嫌でしょうがなかった職場。

いい思い出ひとつに対して嫌な思い出が20くらいあるが、それでも全てが懐かしかった。
引っ越しをたくさんしている人は、こういう町がたくさんあるんだね。
それも楽しそうだな。
引っ越して、何年かして、この街に戻ってきたら、また楽しそうだな。
この街もいい思い出ひとつに対して嫌な思い出が15くらいあるけどさ…。

あー楽しかった。
スポンサーサイト

Posted on 21:01 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

火曜日  

「この世界の片隅に」で流れていたコトリンゴの「悲しくてやりきれない」をiTunesで購入。
聞いていたら悲しすぎて本当にやりきれなくなってきたので聞くのやめた。
奥田民生の「悲しくてやりきれない」の方がいいかな…。

「ジャックリーチャー」を見てきた。
前作、「アウトロー」と動揺に、トムクルーズの上半身裸がじっくり鑑賞できる。
相方の女性も強くてすごくタイプ。
なかなか面白かった。

先日、オナホはもういいかな、という話をしたが、オナホには使い方があるという長文のコメントをいただいた。
小生のように火星人の人間には(火星人の人間ってなんだよ、どっちだよ)、それなりのコツがあるそう。
あと温めろと言われた。
温めろ?どうやって?
レンジのわけないよな。
お湯に入れるのだろうか。
やだなあ、普段うどんとか茹でてる鍋にテンガ入れるの…。

今日はこの後「逃げるは恥だが役に立つ」を見るぞ!
星野源、体調不良で大変みたいだけど、頑張ってこのドラマだけはやりきってくれよ!

Posted on 18:43 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

月曜日  

最近読んだ漫画。

「アオアシ」
フットサルメンバーおすすめのサッカー漫画。
面白かった。
普通に泣いちゃったよ。
けちって3巻までしか買わなかったけど、続きも買う。


「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」
つらい。
こらつらい。
ところどころ自分の人生と重ね合わせてしまった。
読んでてダークサイドにどんどん引き込まれた。
俺ももうぱっぱと風俗とか行っちまおうかな…。

「ゴールデンカムイ」
9巻。変態たちの旅、最高。
ここにきてまだまだ面白い。
チンポ先生かっこよすぎる。

「アンダーカレント」
アホだから面白さを上手く説明できないけど面白かった。
こういう漫画がちゃんと売れている内は漫画界もまだまだ大丈夫。

あんま読んでねえな。
出て入っての繰り返しよ、命は。
食欲なくても食べなさい。
食べ物も、情報も。

Posted on 20:48 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

日曜日  

ネーム。

この間描いた巨乳のちょい役をもう一度描きたくてネーム切った。
なんて利己的。

なんかいつの間にか日曜夜7時のバラエティーが充実し過ぎている。
モヤさま、アメトーーク、クイズスター名鑑、鉄腕ダッシュ、フルタチさん。
他の曜日の他の時間にばらしてくれ。
とか言ってネーム切っててどれも見てないけど。

ジャパンカップ。
キタサンブラック完勝。
つええつええ。
メンツ豪華だったのに圧倒的だったな。
できればディーマジェスティにもう少し頑張ってほしかった。
史上最強の世代、なんて呼ばれてるけど、そんなことないのかなあ。
ボジョレヌーボー的なかましなのだろうか。
50年に一度の出来、みたいな。

キタサンブラックの親父はティープインパクトの兄ちゃんなんだってね。
強い血ってのはあるもんだなあ。
馬主の北島三郎、うはうはだね。
種牡馬で儲かるぜー。

Posted on 21:11 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

土曜日  

ネーム。

最近は、夜11時くらいまでに風呂や歯磨を済ませ、日記やブログも書き終え、パソコンもテレビも消しちまって、2時間ちょい、本を読むようにしている。
ものすごく読むのが遅い。
でも、読むのが遅いのは悪いことじゃない。
考えながら読んでいるから遅いのだ。
時には10分、20分と、ぼけーっとしたりする。
そして思いついたことをメモしたりする。

なんだろう、割と楽しい。
前は寝る直前までテレビを付けていた。
なんならタイマー設定して、寝ている間もテレビを付けていた。
寂しかったから人の声が聞きたかったのだ。
パソコンでツイッターもずっと寝るまで眺めていた。
誰かがそこでなにか声を上げているのを感じたかったのだと思う。

でも、夜の比較的早い時間から、しんとした部屋で本を読んでいても、不思議と寂しくないことに気付いた。
心は穏やかだ。
こんな自分に少し驚いている。

まあ今だけかもしれないけどね。
1週間くらいしかやってないし、続く習慣かはわからないや。
その内飽きて、またテレビやパソコンに頼るかも。

毎日なるべく乳酸菌とタンパク質を摂り、30分に1度は立ち上がり(ガッテンで立つといいと言っていた)、本を読む生活。
体調は、まだ悪い。

まあ、悲観も楽観もせず、日々を、淡々と。
正しい一日を積み上げていこう。

Posted on 19:32 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

金曜日  

原稿がひと区切りついたので、休み。

休みなのにやりたいことがなくて困った。
なんというか、本を読んだり映画を観たり掃除したりは、休みじゃない日もしている。
休みじゃなきゃできないこと、休みにやりたいことが思いつかなくて、午前中から風呂に入ったり、落書きしたりしていた。

うーん、違うなあ。

外を見ると冬の澄んだ空が広がっている。
出掛けたら気持ちが良さそうだな…。

そうだ。
前に変な読者からテンガもらったのを忘れていた。
あれを使ってみよう。

このテンガ、ずっと使わずに、台所の醤油の横に置いておいた。
おたふく風邪で母が看病に来てくれた時、何度か料理を作ってもらったのだが、やはり視界に入っていただろうか。
瀕死になっていたので、こういうものを片付ける余裕なんて1ミリもなかった。
まあ歯磨き粉と保湿ローションも同じように並んでいたので、上手く紛れてくれていたことを望む。
(「この世界の片隅に」で号泣した翌日とは思えないクソみたいな日記だな。でもこんな俺もこの世界の片隅で生きるひとりの人間なのだ。)

しかしまあ、こんなものを使うのは10年ぶりだ。
むかし小さな本屋でバイトしていた時に、アダルトグッズも扱っていた本屋だったので、一応どんなものか知っておきなさいと店長に一個もらって使って以来である。

ああ、懐かしいな。
客に「こういうの、本物と比べてどうなの?」と聞かれて、「本物を知りません」と答えたっけ。
あれから10年、34になった自分がまさか未だ本物を知らないままとは想像もつかなかったわけではなく、まあそんなもんだろうなって思っていた通りの未来になった。

せっかくだし新しい動画もDMMで購入。
西日が差し込む部屋で、テンガにあそこを差し込んだ(こういうこと言うヤツは早く死ねばいい)。

…う〜ん。
う〜ん、だよなあ、やっぱり、こういうのって。
なんかいろいろベタベタになる割に、そんなにいいものでもないような気がするのだが、どうなんだろう。
話的には、「女優のトークのところでいっちまったい!」くらいの方が陽気でいいのだが、どうも自分には合わない。
くれた人には悪いけど、もう10年は使わなくてもいいかな。

10年後か。
その時もどうせ女性を知らないんだろうな。

ところでこれ、何ゴミ…?

Posted on 19:44 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 5

木曜日  

小生、騙された。

先日、鈴木健也先生から「この世界の片隅に」、最近の吉田さんにオススメですよとすすめられた。
ちょいちょい名前は聞いていたが、どうもこの映画、地雷臭がしていた。
小生の言う地雷臭とは、つまらない映画ではない。
泣ける映画だ。
悲しい映画だ。
ただでさえ最近は体調が優れず、気持ちも落ち込みがちなのだ。
悲しい映画なんて見たくない。

健也先生に聞く。
「悲しい映画じゃない?」

健也先生。
「悲しくないっすよ」

悲しくないならいいか。
というわけで、雪で映画館も空いているだろうしと、さっそく見てきた。

騙された。
地雷地雷。
N2地雷。
後半、ずっと泣いていた。
なんちゅう悲しい映画じゃあ!

悲しすぎて、帰りにお笑いのDVDを借りて帰っちまったよ。

こういう映画、大っ嫌いなんだよ。
大嫌いだけど、日本人ならみんな見るべきだね。
エンドロールで誰も席を立たなかった映画は初めてだな。

見てよかった、と言っていいのかな。
こういうのから目を背けてばっかりではいられないからね。
平和ってありがたいよ。

あー騙された。
年上だし漫画家としてはるか格上の人だけど今度会ったら健也さん蹴らねば。

Posted on 22:38 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 6

水曜日  

小生、怖いものが見れない。
なんでもかんでも目を背けて生きてきた。

最近怖いのは近所の本屋だ。
小生の漫画もなんだかんだで9巻まで出ている。
9巻。大した量だ。
しかし本屋の棚は限られている。
特に新潮社の棚は大手漫画出版社と比べて特に狭い。
もう自分の漫画も全巻置かれてはいないだろうなと思うと、それが怖くて新潮社の棚に近付けないのだ。

今日、ゴールデンカムイの新刊を買うために本屋に出掛けた。
そしたらなんと、漫画棚の配置換えを行っていて、新潮社の棚をもろに見てしまった。

小生の漫画、まだ1〜9巻までちゃんと置いておいてくれた。
ありがたい。
本当にありがたい。
こいつはちょっとしたお祝いだなということで、ハーゲンダッツを買って帰った。

オチ、特になし。
あーよかった、という話。

Posted on 20:18 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

火曜日  

読んだ本の話。

前も書いたけど「生物と無生物のあいだ」面白かった。
面白かったけど怖かった。
命ってこういうもんなんだぜって科学的に説明するんだもん。
宇宙の端っこを覗いてしまったような恐怖を感じた。

「生命とは要素が集合してできた構成物ではなく、要素の流れがもたらすところの効果なのである」

なんのこっちゃって感じだけど、小生なりの解釈だと、命ってのはちゃんと形があるものじゃなくて、いろんなものが出たり入ったりを繰り返している、その状態のことを言う、みたいなんだ。

命を保つためには、常に体を壊し続けなくてはいけない。
よくわからないけど、とにかく壊さないとエントロピーがどうとかこうとかで命を維持できないらしい。
壊れたらそこに新しく口から入れたタンパク質だのなんだのが入れ替わる。
それを繰り返すのが命、みたいな。

お腹にたまった脂肪も、ちゃんと中身入れ替わってるんだってよ。
3年前に3キロ腹に肉付いたとしても、今腹に付いてる肉は、3年前のものではないんだって。ちゃんと新しく口にした脂肪と入れ替わってるんだって。フレッシュだね。

要素の流れがもたらすところの効果。

栄養もそうだし、頭もそうなんだろうね。
いろんなもの見たり読んだりしないと、壊れる一方よ。
流れが大事。流れが。

Posted on 19:44 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

月曜日  

今日も泌尿器科へ。

相変わらずあそこの皮をどうするか悩み、少しだけ剥くという意味不明な行動にでる。
しかし、いつもならズボンを脱ぐ時なんとなく部屋の端の方にいってくれる看護婦さんが、今日はすぐ横にいたことに気付かなかった。
ちょい剥き、の現場を見られたかもしれない。
とても恥ずかしい。
「あ、こいつちょっとだけ剥いた」
と思われたかもしれない。
いっそ堂々と全剥きにしておけばよかった。

金玉はもうほとんど痛みなし。
あとはまあ、子供作る時にもしかしたら不妊治療とかの話になるかもだから、その時はまた来てと言われたが、自分には縁のない話なのではいはいと適当に受け流した。
自分童貞なんで関係ないっすって言ったら、カルテに「童貞」って書かれたりするのかな。
書かれたら面白いな。
面白くねえよ。

Posted on 20:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

日曜日  

いやいや、微熱続くね。

狩野アナが辞めてから初めて「モヤさま」見たけど、新しいアナウンサー、大変だなあ。
大江アナと狩野アナは偉大すぎた。
あのふたりの後じゃやっぱり見劣りしちゃうよ。
まあ焦らずゆっくりと馴染んでいけばいいな。
さまぁ〜ずのふたりの横にいればきっと魅力を引き出してもらえるはずだから頑張れ〜。

夜、コンビニでエロ漫画雑誌2冊、普通の漫画雑誌2冊を購入。
店員は女性だった。
どう重ねてレジに出すか少し悩む。
普通、エロ、エロ、普通、の順番に重ねて提出。
始めと終わりがよければいいのだよ。

帰ってわくわくしながらエロ漫画の青いテープはがして中身みたらすでに買ってるのだった。
おうふ、エロ漫画雑誌同じの買っちゃったの生まれて初めてだよ。
熱でボーッとしているせい、ということにしておこう。

Posted on 21:43 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

土曜日  

相変わらず体調は優れないが、ぼちぼち作画を進める。

すごく大きな胸を描いた。
載るのは2月かな。
具合が悪いので大きな胸でも描かなきゃやってらんないよ。

でも大きな胸を描いているとき、具合の悪さを一時的に忘れられた。
すごいな大きな胸。
下手な抗鬱剤より効果あんじゃねえかな。
くそみたいに下品なエロコメやりたい。

夜、IPPONグランプリ。
ふかわりょうさん応援。
結構活躍できて嬉しかった。

でもバカリズムさんの「おつかれさん」はすごかったな。
興奮したー。

Posted on 21:58 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

金曜日  

微妙な熱っぽさを感じながら、ゲホゲホと作画。

「バックトゥーザフューチャー」を観た。
面白かった。

自分は馬鹿なので、なにかものを観ても「面白かった」か「つまらなかった」くらいしか思うところがない。
ものをしっかり分析する力がない。
ナイキのスニーカーがカッコよかったなとか、スケボーがカッコよかったなとか、ギターがカッコよかったなとか、ブルージーンズがカッコよかったなとか、マイケルJフォックスがカッコよかったなとか、そんな感想しかない。
先が思いやられるぜ。

「ガッテン」で、30分に1回は立ち上がって耳の中の石を動かした方がいいと聞いたので、ちょくちょく立つようにしている。
立ったらシャドウボクシングをする34歳。
頭を振って耳の中の石を動かす。

これとプロテインで半年後にはすごい健康体になっている予定。
元気になるぞー。

Posted on 20:24 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

木曜日  

ずっと咳が続き、夜になると微熱が出るのでまた医者へ。
最近医者ばっか来てんな。うんざりする。

胸のレントゲンを撮り、採血した(先月から数えると6回目)が、特に問題なし。
まあ放っとくしかないのね、結局。

やっぱりおたふくは体の芯にダメージを与えたんだと思うんだよね。
それを直すには時間がかかるのさ。

しかしまあこうなってくると、8月は休まなきゃ良かったなあと思っちゃうね。
あの1ヶ月の休み、ここに持ってきたかったよ。
まあもう1ヶ月くらい休んでも大丈夫ではあるんだけどさ。

というわけで、元気がないのでブログも適当です。
ごめんなさーい。

Posted on 23:22 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

水曜日  

ネーム。

「ノルウェイの森」読み終わる。
面白かった。
死にかけの男ときゅうりを食べるシーンはやはり何度読んでも刺さるものがある。

女の子に自分がどれくらい可愛いか聞かれて、
「山が崩れて海が干上がるくらい可愛い」
って答えるところもいい。
なんて素敵な表現だろう。
こんな冗談言えるような男になりたい。
好かれないだろうけど。

カバーをめくると、
「2014,11,14 先週単行本3巻発売」
と書いてあった。

前回読んでから2年、まだ連載が続いているとはね。
書き込みの下に追記する。
「2016.11.16 おたふく風邪で死にかけた」

次読むときはなにしてるんだろうね。

…まあ童貞なんだろうな。

Posted on 19:58 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

火曜日  

サッカーワールドカップ予選、サウジアラビア相手に2−1で勝利。
ヒヤヒヤしたがなんとか勝てた。原口さまさま。

この間、フットサルの人達とご飯を食べた時に聞いたんだけど、本当にサッカーが好きな人になると、愛国心とかどうでも良くなるので、代表戦が退屈で退屈でしょうがないのだそうだ。
これにはとても驚いた。
小生がキャーキャー手で顔を覆いながらハラハラ見ている試合を、半分寝ながら見ていると言うのである。

まあ確かに、自分も昔、格闘技をたくさん見ていた頃、日本人の試合より面白い外人の試合の方が好きだったもんな。
むしろ日本人の試合はしょっぱくて嫌いなくらいだった。

自分はまだまだニワカサッカーファンなのだなあと痛感。

代表選の後は「逃げるは恥だが役に立つ」鑑賞。
今週はギャグが多くてより良かったな。
しかし星野源は服が似合うぜホント。
あんなだったらオシャレも楽しいだろうな。

はあ、俺も週1とは言わない、年1、いや、4年に1度でいいからハグの日が欲しいぜ。
ダレカダキシメテクレエエ。

Posted on 22:53 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

月曜日  

原稿が一段落したので休み。
家で本を読んだりしていた。

以下、クソみたいな話。

昼過ぎに泌尿器科へ。
金玉の状態を診てもらう。

金玉の状態を診られるときは、もちろん下を脱ぐわけだが、いつも皮をどうするか迷う。
銭湯のときは剥く。
でも泌尿器科ではあそこをこねこねいじられる。
いじられてる最中に「くるん」と元に戻ってしまったらとても恥ずかしい。
「お前なに剥いてたんだよ」なんて思われた日にゃ、日本最後のサムライを自負する小生、もう生きていけない。

結果、ちょっとだけ剥く、という意味不明な行動に出る。
本当に意味不明だ。
自分でも意図がわからない。
その数ミリになんの違いがあると言うのだ。
いっそモチ巾着みたいに口を輪ゴムで縛って行った方がいいかもしれない。
「宗教上…」、とでも言えば何も触れてこまい。

それはそれとして、エコーで金玉を診るときは、金玉にジェルを塗る。
多分妊婦の腹を診る時にも塗るやつ。
あれを金玉にも塗る。

見終わった後は、ティッシュを2枚シュッシュッと渡され、ジェルを自分で拭きとる。
その吹き終わったティッシュだが、看護婦さんがやってきて受け取り、捨てるのだ。
それがすごく恥ずかしい。
チンチンを拭いた後のベトベトのティッシュを渡すのがものすごく恥ずかしいのだ。
なんでわきにゴミ箱を置いておいてくれないんだよ。

今日、拭き終わった後、看護婦にティッシュを渡すのが嫌で、ズボンのポケットにこっそり突っ込んだ。
これもホント今思うと謎の行動だ。
「ティッシュは?」と看護婦さんに聞かれ、答えに窮してしまった。
「食べました」と言うわけにもいかない。
ズボンのポケットからベトベトのティッシュを出し、渡す。
ああ恥ずかしい。
バカで恥ずかしい。
俺はこんなことをするために12000円もするズボンを買ったわけじゃないんだ。
ちくしょう。ちくしょう。

泌尿器科なんてもう行きたくないのだが、まだ来週もう一回診てもらわなければならない。
おたふく風邪、ファックである。

Posted on 01:53 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

日曜日  

夜更かししてしまったので、手短に。

普通に仕事をし、ランニングをし、漫画を読んだ。
普通を積み上げていく。
正しい一日であったと思う。

夜、友達とスカイプで話した。

漫画で報われたいという話をしたら、その人は、漫画にたくさん救われてきたから、漫画で報われたいというより、漫画に報いたいという気持ちの方が強いと言っていた。

小生、激しいショックを受けた。
なんと美しい姿勢。
そしてなんと醜い自分。
わがが、わがが、そればっかじゃないか。

ああ、自分も漫画にたくさん救われてきたのに。
まいったね。
器の違いを痛感。

遅いので寝る。

Posted on 02:51 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

土曜日  

快晴。
洗濯をし、カロリーメイトをプロテインで流し込み、仕事。
読者の方が進めてくれたヤングでイケイケな曲を繰り返し再生しながら作画を進める。

久々のフットサル。
今日は夜に行われた。
集まったのはたったの5人。
この人数ではゲームはできないので、いろんな形式の基礎練を行った。
これがどれもすごく面白く、2時間はあっという間にすぎた。
基礎練が面白いなんて、本当にフットサル好きな奴みてえだな。

フットサルの後はメンバーとまたも食事。
サッカーの話をしながらラーメンを食べる。
3バックと4バック、どちらが攻撃的なフォーメーションか、とか、この間の代表練習試合、なぜオマーンと行ったのかなどの話を聞けて面白かった。

なんだろう。
女の子とはまだ話せないが、大分コミュ障は克服されてきている気がする。
まあもちろん今のフットサルメンバーがみないい人達というのもあるのだが。

それはそれとして、すごく違和感もある。

ひとつ。
ヤングでイケイケな曲を聞き、フットサルを楽しんでいるのに、童貞。
なんなんだこの存在は。
前はとても童貞らしい童貞だったのに、今はなんか謎の童貞に成長しつつある。

ふたつ。
コミュ障が克服されたとして、漫画が面白くなるとは限らない。
いや、むしろつまらなくなる可能性の方が高い気がする。
自分の漫画は外に開いたものではなく、内に内に、潜っていくような類いの漫画だ。
モッズコートなんて買ってさ、フットサルやってさ、イケイケな曲聞いてさ、調子こきやがって大丈夫かよ、と思う。

駄目だなと判断したら全部放り出してまたひとりに戻る。
漫画は信仰に近い。
自分の絶対的な軸だ。
そこがブレちゃいかんぜ。

カッコつけてるワケじゃないよ。
むしろ、悲しい話だ。
信仰は呪いと表裏一体だからなぁ。
天秤に命を乗せるのさ。
いやー、おっかないねー。

Posted on 02:08 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 8

金曜日  

体力が戻らない。
おたふくになる前は26分で走れた距離に33分かかってしまう。
体力は徐々に衰えていくものではなく、なにかをきっかけに一気に落ちるものだとテレビで言っていたが、まさにそれだなあ。
こうやっていつか寝たきりになるんだろうね。
こええこええ。

ただ体重は戻ってきた。
朝、目覚めたらまずうんざりしながらカロリーメイトをプロテインで流し込んでる。
これで480キロカロリー。

その後もこまめに食事をして毎日2000キロカロリー摂取している。
1度の食事でたくさん食べようとするとプレッシャーになるから駄目ね。
少量を何度も食べる方が自分には向いている。

でもカロリーをちゃんと意識してみてわかったけど、健康な胃腸の人が太らないでいるのって大変よね。

だってサイゼリアでハンバーグランチ食ったら900キロカロリーくらいいっちまうよ。
女の人の1日の摂取カロリーって1600とかまででしょ。
1食で半分以上埋まっちまう。
今まで痩せてる女なんてやだなあって思ってたけど、痩せてる人ってすごく自制の効いた人なんだね。
偉い。
嫌うのやめよう。
敬意を持たねば。

まあそれはそれとして、今日買ったエロ動画は太めな女性が出演しているものであるが…。

Posted on 01:23 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 5

木曜日  

馬鹿高いオールカラーの漫画を買って読んだのだが、あまりよくなかった。
webで載ってた時の方が発色がよかったなぁ。
紙になるとモニターで見ていたときよりすごく色がしょぼく見えて迫力落ちててイマイチだった。
そうこともあるんだね、という勉強になったので、高い買い物ではなかったと思おう。

「レイリ」を読んだ。
岩明先生原作で室井先生が作画してんだから、まあこれが面白くないわけがなくて、それはいいんだけど、室井先生のあとがきのひとことが印象的だった。

「この仕事の依頼を頂いた時は、ある種報われたような気持ちになりました」

報われたような気持ち…。

この間一緒に書店まわりしたつくみず先生なんかは、絵が好きで絵が好きで、絵で食っていけたら別になんでもいいくらいの人なんだけど、自分なんかはそうではなくて、やはりどこかで「漫画で報われたい」という気持ちがある。

女の子に好きって言われたときは「報われた」と思ったけど、あれ冗談だったしな。

「告発」って映画の中で、ずっと暗い地下牢に閉じ込められていた囚人が、クリスマスにようやく外に出れて喜ぶんだけど、「30分だけね」って言われて絶望するシーンがあったなあ。

あんな感じ。
報われたと思ったら報われてなかったんだ。

これから先、「ああ、報われたな」と思う日が、自分にもくるのかな。

Posted on 02:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 5

水曜日  

「働かないふたり」9巻、発売日。
今日は朝からいくつかの書店をまわってサイン本などを描かせていただいたりしていた。

この間、町田でエロ漫画が買えなかったので、秋葉原のどこかで隙を見て買おうと思っていたのだが、時間が押してて結局買えなかった。
むう、ネットで買うか、しょうがない。
なるべく本屋で買いたいんだけどなぁ…。

8月はずっと休み、9月は単行本作業を進め、10月の頭に女の子とデートをし、スマホに替え、女の子に好きと言われ、それが冗談でずっこけ、おたふく風邪で死にかけ、いろいろとあったが、今日9巻が出て一段落した気がする。

また黙々と漫画を描き、ランニングをする平坦な毎日に戻る。

それはそれとして、もっとものを見たり読んだりしなきゃなあと思う。
食事に気をつけて、なるべく毎日2000キロカロリー摂取するようにしているが、同じように心にも栄養を与えないと、どんどん土地が痩せてくぞ。
食いたい時に食おうと思っていたら、自分のように食欲のない人間はずっと食わずにいるから、強制的に詰め込まねば。

最近アルバムを3枚、シングルを1枚買った。
CDを買うなんて10年以上ぶりである。
借りずにちゃんとお金を払って手に入れると愛着が全然違うね。
この感じ、懐かしい。
やっぱりある程度お金出して自分のものにしないと愛は生まれないや。
あんま先のこととか考えすぎないで適当に散財していきたいなぁ。
どうせ死ぬときゃ死ぬんだしさ。

Posted on 00:07 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

火曜日  

目覚めたら、体のだるさが抜けていた。
調子に乗ってランニングを再開し、死にかける。
ふらついて畑に突っ込んじまったよ。
足、泥だらけ。

夜は「逃げるは恥だが役にたつ」のドラマを見た。
このドラマ、先週から見ているが面白い。
最後のダンスがかわいい。
星野源が素敵。
俺だって星野源とハグしてえよ。

35年間彼女いなかった、みたいな設定なのかな。
俺と似たようなものなのにこの差よ。
ラコステのニット似合ってたなあ、星野源。
俺がラコステ着たらおっさんだよただの。
あのこざっぱりした感じ、羨ましいぜ。

明日は「働かないふたり」9巻、発売日。
今回もたくさん書き下ろし描いたので、よろしくお願いします。

どこだか忘れたけど、4巻に出てた山崎さんの1ページ漫画がペーパーになってるから、読みたかったらそこで買ってくれい。
他のとこのペーパーも頑張ったけどさ。

Posted on 23:03 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

月曜日  

どうも体調が優れない。
喉が痛く、鼻が詰まり、頭がボーッとして、微熱がある。
早くランニングして体力を戻しフットサルに参加したいのだが、まだ復帰は先か。

医者に行き、血液検査の結果を聞く。
水疱瘡と風疹の抗体はちゃんとあるとのこと。
ひと安心。
あんな地獄はもうごめんだからなぁ。

秋になると村上春樹が読みたくなるので、「ノルウェイの森」を読み返し始めた。
相変わらず自分はこの小説家のどこが好きなのかわからないのだが、何度も読んでしまう。

村上春樹と言えば、この小説家ほど、好きと言うと怪訝な顔をされることが多い人もいないのではないだろうか。
村上春樹が好きな人は、ナルシストでニヒルなイメージでもあるんだろう。
でもさ、村上春樹が好きって言って「俺は嫌い」って、人が好きなもんをすぐ否定する方がよっぽど性格悪いぜ?
なんか村上春樹は嫌いって言っても許される風潮がある気がするんだよなぁ。

人が何読んでようが勝手じゃないか。
別に会話中に「やれやれ」とか言ったりだってしないんだしさ。

やれやれ。

Posted on 23:30 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

日曜日  

よく晴れた日曜日であった。
ネームの返事待ちでできることもないので、洗濯をし、部屋を掃除し、ぼんやり小説を読んでいた。

1週間前は40度の熱を出し、金玉が腫れて死にかけていたのに、なんとも平和な日曜日である。

ふいに散財したくなり、町田までエロ漫画を買いに行った。
お気に入りのブーツを履き、リュックを背負って、ウキウキしながら家を出た。
しかし、いつも行っていたとらのあなはなくなっていた。

しょうがないので適当に服でも買うことにした。

なんだっていいのだ。
エロ漫画でも、文房具でも、服でも、楽器でも、家具でも、とりあえず生き延びたのだし金を使いたかった。

11月や3月頃、中途半端な気温の時に着れそうな薄手のコートを買った。
店員さんは「モッズコート」と言っていた。
緑色でミリタリーっぽいコートだ。
小生、顔がイモなので、こういうの着るとミリオタみたいに見えないかと何度も店員さんに聞いた。
大丈夫ですよと笑って答えてくれたので、多分大丈夫だと思う。

やけに堂々と店員さんと会話しながら買い物ができた。
服と関係のない雑談とかしたもんな。
服屋さんはおしゃれじゃなきゃいけないから、基本接客中にマスクができなくて、しょっちゅう風邪引いて大変なのだそうだ。
正月の書き入れ時にインフルエンザになったりすると、忙しいのに休まなければいけなくなり、まわりにとても迷惑をかけることになるらしい。
自分のように体の弱い人間には務まらない仕事だなと思った。
まあその前に顔もセンスもイモだから服屋なんて無理なのだが。

まあそんなこんなで、無駄な服が一着増えた。
どうせ誰にも会わないのにね。
スーパー無駄遣い。

Posted on 19:20 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

金曜日  

ランニングをしたり、頑張って飯を食べたりして、少しずつ体を回復させている。

おたふく風邪はその名の響きこそ間抜けだが、なかなかな病気だった。
熱は高いのにどこに行っても「うちでできることはなにもない」と追い返されてしまうのだ。
あれはなかなかの恐怖だ。
死んでも知らんよと言われている気がした。

さて。

おたふく風邪のウイルスには潜伏期間がある。
感染してから症状が出るまで、大体20日かかるらしい。

先月、アゴに違和感を感じたのは20日だった。
そう、小生、どうやら人生初デートであった1日にウイルスをもらってきたらしいのだ。

1日の日記にはこう書いている。

小生、一生分の運を使い果たしている気がした。
事故って死ぬんじゃないかと思った。

おしい。
事故じゃないよ、おたふく風邪だったよ。

もしこの世に神というものがいるのなら、彼はなかなかに性格が悪い。
ちょっと女の子と遊んだだけで40度近い熱4日間だぜ?
アゴもパンパンに腫れるしよう。
この際告白するけど、実は左の睾丸もダメージを受けた。
程度はわからんが、確実に精子を作る能力は落ちたらしい。
酷くない?
女の子と遊んでご飯食べただけでこれって酷くない?
もしいつか童貞を捨てることが出来る日がきたら、マジで死ぬんじゃねえかな、落雷とかで。

いやあ、ヘビィな人生である。
正直1ミリも面白くないんだが、笑わなきゃやってらんねえのであった。

Posted on 21:05 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 5

木曜日  

20161131.jpg
20161132.jpg
20161133.jpg
20161134.jpg
20161135.jpg
20161136.jpg
20161137.jpg
20161138.jpg


休みだったので漫画描いていた。
2時間だけのバカンス。

Posted on 02:10 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

木曜日  

今日も漫画を描いていた。
欲を言えばランニングもしたかったが、まだ体がヘロヘロなので、大事をとって休む。
12日にフットサルがあるので、それまでにはある程度走れる体に戻したい。
あーあ、足、すげー細くなっちゃったなぁ…。
蓄えたものがなくなるのってあっという間だよ…。

1年前今頃、宮田紘次先生の通夜に出席した。
身近な漫画家さんの死を見るのは初めてだった。
そのとき僕は、ものすごく不謹慎だが、
「もう漫画描かなくていいんですね。すこし羨ましいです。お疲れさま」
と心の中で思った。

でも今回、おたふく風邪で一晩中高熱にうなされながら思ったことは、
「もっと漫画が描きたい」
だった。

馬鹿だった。なにがもう漫画描かなくていいんですね、だ。
描きたかったはずだ。もっとたくさん、もっと長い時間、漫画を描きたかったはずだ。

行くも地獄、戻るも地獄。
なにかを突出させるため、たくさんのものを犠牲にしなくてはならない世界。
それはまるで呪いのようだと言う人がいる。
それでもはやり、漫画を描きたくて描いているのだと感じることができた。

細々でいい。
幸せじゃなくてもいい。
自分の身ひとつ、食っていければいい。
ずっと漫画を描いていけたらいいなと思う。

まあ、描きたいからって描き続けられるほど甘い世界じゃないんだけどさ…。
さあさあ、面白い人間にならなきゃなあ。
もう熱はないんだ、頑張ろう。

Posted on 01:30 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

水曜日  

病気で寝ている間、ずっと漫画が描きたいと思っていた。

病み上がり。
まだ頭にふらつきは残るが、渇望していた作画に戻る。
すぐに辛くなってきた。
そうだった、漫画描くって大変なんだった。
人間、そう簡単に強くなることはできない。
まだ万全じゃないし半分くらいの作業で止めちゃおうかなんて思う。
しかし小生、やる気0から動けるようにできているので、いつも通りのノルマをこなした。
うむ、偉い。
まあ当たり前のことやっているだけなのだが。

ホームシック。
小生、人生で一度もホームシックを感じたことがなかった。
就職して県外に長期出張したときも、今の部屋に越してきて1週間で311の大地震が起きた日にも、一度も「家に帰りたい」なんて思わなかった。

しかし今、ちょっとホームシックにかかっている。
家でまともな飯が食べたい。
カロリーメイトとかゼリー飲料ばっかりぼりぼりチューチューする生活はやっぱりウンザリするぜ。
自分でうどん茹でて食ってみたけど、なんか違うなあって感じだし。
まあ体が弱っているから心も弱っているだけなので、体が戻ればまた新潟になんの感情も持たなくなると思う。

寝る前にプロテインを飲む。
別に筋トレしているわけではないが、タンパク質をたくさんとっておけば健康問題は全て解決するという適当かつ乱暴な持論を打ち立てたので、しばらくプロテインを続ける予定。

あと足早くなりたいし。
子供か。

Posted on 01:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。