山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ヒアアフター」  

イーストウッドの「ヒアアフター」見ました。

こいつは驚きましたね。こんな映画撮りますか、イーストさんは。

「グラントリノ」では、孤独なじじいのカッコいい死に様を見せ、「インビクタス」では人間の持つ強烈な善の部分を撮り、そして「ヒアアフター」。

here after 来世の話、ですよ!

いや~まいりましたね。

前にも書いたけど、「グラントリノ」でヨボヨボになったイーストウッドを見て、この人はもうすぐ死んじゃう人なんだなぁってしみじみ思ったんです。

その後の「インビクタス」。長い映画人生の終盤に、彼は人間というものを強烈に肯定する映画を残しました。

そんな彼が、死後の世界を題材に話を作るとか、なんか辛くないですか?

残されたわずかな時間。迫り来る死。

強くなりたい、いい女とやりたい、美味いもの食いたい、復讐したい。

様々な欲望が渦巻く表現の世界に、死にかけのじじいが残したもの。

死んだ後にも世界が広がっていて欲しい。

ある種、これ以上の望みはないですよ。だってもうほとんど宗教だもんこれ。

この映画はよくわからないって言う人が多いそうですが、「グラントリノ」「インビクタス」も含め、もっと歳を取って死を間近に感じるようになってから見たら、何か救われるものがあるのかもしれません。

イーストさんは、きっとそういう映画を撮ってるし、これからも文字通り死ぬまで撮り続けるんでしょう。

いや、しっかし驚いた。

来世、か~…。

Posted on 16:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karashicolor.blog91.fc2.com/tb.php/1058-924bddc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。