山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

踊り続ける  

どこで読んだか思い出せないエピソードがある。
細かい所まで覚えていないが、確かこんな話だった。

あるところに踊りの上手い男がいた。
村の人々は、みなその男の踊りに魅了された。
それを面白く思わなかった村の領主は、その男の両足を切り落とした。
しかし男は腕だけで見事に踊ってみせた。
領主は男の両腕も切り落とした。
それでも男は体をくねらせるようにして踊り続けた。
そして領主は男の首を切り落とした。
男は絶命するその瞬間まで、まばたきでリズムを取り踊った。

そんな話だったと思う。

人は生きていく中で、いろいろなものを失う。
老眼になる。
耳が悪くなる。
体力が落ちる。
事故で手足を失うかもしれない。
一生付き合っていかざるを得ない病気になるかもしれない。
大切な人を失うかもしれない。

村の領主は神だ。
神は人からいろいろなものを奪っていく。
今まで当たり前だったものが、当たり前ではなくなる。

それでも絶望してはいけない。
例えなにかを失っても、自分に残された部分で全力で踊る。
踊り続ける。
喜びを見出す。

抗う。

漫画家の友達が鬱病になった。
鬱病の薬は不安を取り除くと同時に喜びも奪う。
感情がなくなる。
感情がないところから漫画を生み出すことなんて出来ない。

他人事ではない。
自分だっていつ描けなくなるかわからない。
その時、自分は踊り続けることができるだろうか。
漫画以外でもいい。
残された部分で人生を楽しむ。

そのことを忘れずにいたい。

Posted on 22:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

コメント

私は人生に対して無気力になる度、何年か前に見つけたカラシさんの日記や、コメント欄のやり取りを何度も読み返しています。カラシさんに自覚があるかわかりませんが、何気ない日常や作品の感想などとても能天気で愉快で興味深く、元気づけられます。『働かないふたり』の倉木さんと同じ感じですね。過去の日記を消さないでいてくれて嬉しいです。今も何度目かの日記を読み返していて、更新されていることに気づきました。ここにコメントするのは初めてですが、一言お礼を言っておきたかったので、長文になりましたが失礼しました。連載、日記の更新楽しみにしてます。頑張ってください!

URL | くおん #-
2016/03/07 23:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karashicolor.blog91.fc2.com/tb.php/1389-64e664ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。