山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

金曜日  

本日、雨。

部屋にこもって(雨じゃなくてもいつも部屋にいるけど)、意識高い系女子の書いたエッセイを読んでいた。

このエッセイ、今読んでいるページだけで「チャンス」という言葉が8回も使われている。
その他にも「レベルアップ」「努力」「夢」「一流」「次のステージ」など意識の高い言葉が多用され、小生のような無気力な人間には少々しんどい内容であった。

いくらページをめくっても、「うんこ」や「ちんこ」などという言葉がひとことも出てこないことにもびっくり。
もしかしたら縦読みではなく横に「うんこ」「ちんこ」が隠されているのではと注意をはらってみたが、やはり見つからず。

もしかしたらもっと複雑な暗号で「うんこ」「ちんこ」を巧妙に隠しているのかもしれない。
暗号解読の知識を持たない小生、あまりにも無力。

多分最後まで読まずに捨てる。
なかなか「これ」というエッセイに出会えないものである。

Posted on 23:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 5

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/07/16 02:01 | edit

百万回生きたねこの作者、佐野洋子さんのエッセイは
うんこ連呼でギョッとする面白さがありました。
佐野洋子〈追悼総特集〉100万回だってよみがえる、という本で読みました。
追悼本なので他のかたの寄稿も多数ですが、
ご本人のうんこしっこ話がとにかく強烈で他の記憶は霞んでいます。
病身で老齢ながら他の老人を毒づきまくる様子などパワーに溢れていて、
これというお好みの向きかはわかりませんが…。

URL | たまご #.wDLKH0I
2016/07/16 05:58 | edit

そういうときは部屋に籠もるんじゃなくて、トイレに籠もるんですよ。
そして、「思考」と「空想」をする、と。
で、「神」にケツを拭いてもらって、出てくるんですね。

旦那には中島義道氏の著作がいいかもですよ。
タイトル見ただけで、「おお、これはっ!」ってのがけっこうあるんじゃないですかね。

あと、古い人ですけど、内田百閒なんかどうでしょう。
「阿房列車」とか面白いらしいですよ。
「うんこ」と「ちんこ」は出てこないと思いますが、列車での旅の話ですから、「運賃」は出てくるんじゃないですかね。

URL | くろう #-
2016/07/16 18:57 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/07/17 17:10 | edit

ギャンブル好きの鷺沢萌さんのエッセイ好きでした。
お読みでございませんでしたらぜひ。

URL |  #-
2016/08/29 00:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karashicolor.blog91.fc2.com/tb.php/1478-6b13d324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。