山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

月曜日  

201612121.jpg

最近は天気も良く暖かい日が続いていたが、今朝はずいぶん気温が下がり、そのせいか少し体調も優れなかった。
まあこの辺はしょうがないね。
天候に文句言ってもしょうがないし。
やれることやって、あとは頭低くして嵐が過ぎるのを待つしかない。

でももうすぐ冬至だ。
日が長い方が好きなので、冬至から夏至まではずっと上がっていくイメージ。
夏至から冬至まではずっと下っていくイメージがある。
だから秋分の日より春分の日の方が好き。
11月より1月の方が好き。
10月より2月の方が好き。
6月、7時半をすぎてなお、まだ明るい西の空を見るのが最高に幸せだ。

そういう意味じゃ、自分の誕生月である7月はあまり好きではない。
「あ、少しずつだけど、確実に日が短くなり始めた」と感じるのが7月だから。
理想を言えば、一年を通じて日の長さがあまり変わらない赤道直下に住みたい。
うそ、住みたくない。
虫がでかくて多そうでいやだ。

「さよならガールフレンド」を読んだ。
とても面白かった。
自分には絶対描けない漫画だった。

この作者さんは、ちゃんと人生を生きてきたんだろうなあと思った。

漫画家は、漫画が好きでなりたい人が多い。
子供のころから漫画を描き、これを職業にしたいと強く願う。
でもそれとは別に、漫画に逃げてくる人も多い。
社会のめんどくささから逃げ、大した情熱もセンスもないのに、とりあえず身近にあった漫画に身を潜める。
そうすると小生のような人の心のわからない悲しき童貞モンスターができあがる。

「さよならガールフレンド」の作者さんは、ちゃんと人と向き合ってきたんだろうなあと思う。
いろんなことに折り合いをつけ、我慢し、憎み、時には激しく求め、悲しみ、そうやってちゃんと生きてこないとああいう漫画は描けない。

でもまあ、34で童貞なんてのも、ある意味すごい経験だし、もしどこかで童貞を捨てることができたら、それもまたすごい経験だから、まあいいんだけどね。
ロマンチックなものにはならなくても、やっぱり自分には自分にしか描けない漫画があるよ、きっと。
変は武器だぜ、この世界。

それはそれとして「さよならガールフレンド」は大ゴマを全く使わないのがすごいな。
絵の派手さで無理矢理人の感情を変えるような押し付けがましいことはしない。
ひっそりと、人の醜さや優しさを描いている。

もうすぐ30を迎えるのに、未だ若いころと同じような格好をしている彼氏に対し「もうその服も似合ってないよ」と主人公が思うシーンが胸にブスリと来たね。

小生、ヒップホッパー。
34の格好してないんだろうな。
ひん。悲しい。

Posted on 19:54 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/12/13 02:11 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/12/13 03:32 | edit

ヒップホップまだ引きずってんすかw誰かも言ってましたが、手長ガリガリにも似合う服装はあるんですって!お互い頑張りましょう!(学生時代のあだ名はシジマールでした)

URL | ガリガリ&ランニング仲間 #-
2016/12/13 10:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karashicolor.blog91.fc2.com/tb.php/1627-12ff558d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。