山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

台詞とモノローグ  

俺だけかもわからんけど、台詞とモノローグが交互におりまぜられると、すげー読みにくくて、漫画を投げ飛ばしたくなります。

なんでわざわざ途切れ途切れにするかなあ。これってそんなに効果あんの?

コマ1
モノローグ「わたしはいつだって」
台詞「そういえば、昨日テレビで…」

コマ2
モノローグ「心から笑ってなんていなかった」
台詞「あー私も見た!」「超面白かったよねー!」

こんな感じの使い方。

わかります? 読みにくくないですか?

俺は読みにくいです。イライラします。

最近、好きでもなんでもない漫画も読むようになったせいか、漫画読んでてイライラする事が多いです。ふざんけんなとかぶつぶつつぶやきながら漫画読んでます。

確実に1~2年前より性格悪くなってるんだけど、たぶんそこも漫画家としてやっていく上で足りなかった要素だと思うので、自分的には成長として捉えてます。

すげえヤツってやっぱおっかないよ。担当さんもおっかないし、漫画家もすごい人はおっかないよ。

俺もおっかなくならなきゃ。筋トレでもしようかな。それはまた違うか。

Posted on 14:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 5

コメント

モノローグとセリフのどっちの意味も頭に入ってこなくなりますよね(笑)
でも結構よくみますその表現

URL | 3 #-
2011/05/25 17:44 | edit

うん、よく見ますよねこの表現。

よく見るからこれが正解かって言ったらそんなことないわけで、今一度、いい手法と悪い手法を考えながら漫画を読む必要を感じる今日この頃。

URL |  #-
2011/05/25 19:23 | edit

ちょっと遅レスですが、その表現で真っ先に思い浮かぶのがエリア88の最後の出撃前の葛藤を描いてるシーンです。
このシーンはしびれました。
気持ちと行動の乖離してる状態をさらに印象づけるようなときに使いやすいんでしょう。
少女マンガに多いと思われるので、少年青年成年マンガメインの自分にとってはわりと新鮮です。

URL | そふえ #-
2011/05/30 00:23 | edit

確かに少女マンガに多い表現方法な気がしますね。

頭の中と、言葉に出すセリフのギャップがいいのと
後はそれぞれを違う場面で書くよりページの短縮になるから、とか?

小説の書き方で一人称と三人称ってありますけど
漫画での一人称みたいな感じですよね。

少女マンガだと、読み手は主人公に同調しやすいから
そういった表現が多いのかもしれないですね。
青年漫画では確かにあまり見たことない。

…あ、でもわかりやすさの問題なのかな。
青年漫画なら、外からの仕草やちょっとした動作でキャラの感情を表して伝わるけど
読み手の年齢が下がるほど、その辺の感情の機微が追えないから
わかりやすく描いた結果、とか?
少年漫画はそもそも、思ったことと言ってることの相違があまりないから
その表現が少ない、とか。…んなことないか。

その辺の理由わかれば楽しそうですね。

全部読もうとするとイライラするかもですけど
モノローグ中心に追って表のセリフは流す程度で
いいんじゃないかと思います、個人的に。

URL | オトトギリ #mQop/nM.
2011/05/30 05:27 | edit

>>そふえさん
どうも、お疲れさまです。遅かろうが何だろうがコメントもらえると嬉しいです。

真面目なコメントと変態なコメントの差が凄まじいくていいですねw まあ、全裸で真面目なコメント残してるのかもって俺は想像したりしていますがw

ごめんなさい「エリア88」読んだ事ないです。くうう駄目だな。漫画家が漫画知らないって恥だああ。

自分的には、少女漫画、というより、作家が女、な場合に多い気がします。

自分の気持ちと行動の乖離している状態を印象づける。

そうですね、それが上手くいってる漫画もありますね。

ただ、上手くいってる漫画があるからって、それを適当に真似すると、すごく読みにくい漫画が出来上がってしまうと思います。

だってそもそも、例えば映画なんかで、これをやろうと思ったら、実際にしゃべってる声と、心の声が重なって、何言ってるかわからないってことになりますよね。

台詞とモノローグを交互に出すって、きわめて漫画的な表現で、本当はすごく難しい技なのに、適当に真似る作家が多い。あまりに多すぎて、それがもう間違いではないように感じるけど、それでも俺は、駄目なもんは駄目と判断できるようでいたいです。そのために読みたくもねー漫画を読むのです。面白くねー漫画は面白くねー原因の宝庫ですよ。


>>オトギリさん改めオトトギリさん
どうも、お疲れさまです。

「少女漫画は読み手は主人公に同調しやすいからそういった表現が多いのかもしれない」ってのは、なるほど確かにって感じですね。

少年漫画の代表格、「ワンピース」のルフィがモノローグ一切使わないキャラってのも、逆説的に納得な感じ。

少年漫画の主人公には、同調というより憧れる気持ちの方が強い気がします。だから、痺れる台詞の前に、モノローグで気持ち語っちゃったら駄目なんですよ。

仲間のナミがルフィに助けを求めるシーン、ルフィは力強く、「当たり前だ!」って言うんですけど、その前にモノローグで、「俺はお前を見捨てはしないぞ」なんて言ってたら興ざめもいい所です。

モノローグはオトトギリさんが言う通りわかりやすいです。でもわかりやすいからこそ、その人間の底が簡単に見えてしまって、吐き出される言葉に力が乗らなくなる事がある。これには気をつけなければいけません。

いつの間にか、モノローグ自体を批判する方向になってきたな。モノローグ使って面白いのいっぱいあるのに。

まあとにかく、みんなが使ってるから俺もって、あまり考えずに真似すると、いいものは作れないんじゃない?って話です。わかりにくくてごめんさいね。

URL | からし #-
2011/05/30 23:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karashicolor.blog91.fc2.com/tb.php/873-969b7fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。