山田さん、ホオジロザメ、レゴ三昧

エロい絵、描いた記憶あんまりないけど、一応18禁です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ポジティブ  

自分は相当な芋野郎なんですが、なぜか友達にひとり、某有名ファッション専門学校なんてシャレた(世間がどう見てるのかは知らないけど)とこを出てる人がいます。

そういう学校って、天才肌というか、ちょっと変わった人も多いらしく、友達の友達、の話には結構面白いものが多いです。

例えば、日暮里だかどこだかから出てるモノレールの沿線上に住んでいる友達、S君の話。

ある日、夜遅くに帰宅したS君は、家の中に入った瞬間、何か強い違和感のようなものを感じたそうなんです。

何かがいつもと違う。

最初S君は、空き巣か何かを疑ったそうですが、部屋を見回してみても、特に荒らされた様子はありません。

とりあえず風呂に入り、買ってきた弁当を温め、テレビを見ながらそれを食べ始めたS君。

しかし、やっぱり何か変な感じがする。

なんだろうと、改めて部屋を見回してみると、ある異変に気付きました。

窓の前、カーテンレールに引っ掛けてあった、洗濯バサミがたくさんついている物干しの、洗濯バサミが揺れているのです。

なぜか、ひとつだけ。

すきま風でも入ってきているのか。でも、なんでたくさんある洗濯バサミのひとつしか揺れていないのだろう。

窓を調べてみましたが、しっかり閉まっています。風が入ってきている感じはしません。そもそもその日は風なんて微塵も吹いていなかったのです。

しかし揺れ続ける洗濯バサミ。

S君は、その揺れている洗濯バサミに手を伸ばし、揺れを止めました。

そして、そっと手を離すと、やっぱりその洗濯バサミだけ揺れ始めるのです。

S君は怖くなって、その物干しを近所の公園の茂みに捨て、その日はそのまま友達の家に泊まったそうです。

次の日、改めて彼が自分の家に入ると、やっぱり部屋には何か違和感がありました。

しかし、こんな事で毎日友達の家を泊まり歩くわけにもいきません。

S君はなるべく変な事は考えないようにして、その日はお酒を飲んでさっさと寝てしまいました。

ここからが変なんです。

さっさと寝てしまったS君ですが、その夜、夢を見たそうなんです。

すっごく、エロい夢を。

それでS君、「これは多分大丈夫」って判断して、未だにその部屋に住んでいるそうなんですよ。

友達は言いました。

「すげえポジティブだろ…?」

…うん、すごい、ポジティブだね…。

エロい夢ひとつ見ただけで安心するその思考回路に憧れます。強い。

Posted on 02:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://karashicolor.blog91.fc2.com/tb.php/951-11999e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。